特    集

 第2回 横浜商品取引所を偲ぶ

横浜商品取引所     4月1日、横浜商品取引所は東京穀物商品取引所と合併し、生糸等の上場品目も引き継がれました。これにより、東京穀物商品取引所が国内、そして実質的に世界唯一の生糸先物取引所としての地位を横浜商品取引所から受け継ぐことになりました。国内の生糸の取引所として最も長い歴史を有する横浜商品取引所がなくなるということは、大変寂しいことではありますが、より規模の大きい東京穀物商品取引所において、生糸取引が再び脚光を浴びることを心から願っております。 横浜商品取引所

    横浜商品取引所がなくなってから、もう少しで半年が経ちます。今回は、横浜の街とともに時代を歩んできた取引所を偲び、その歴史と功績を忘れないようにしたいという思いから、特集で取り上げさせていただきました。横浜商品取引所があったシルクセンターには、「シルク博物館」という施設があり、養蚕や製糸業に関する展示が行われています。ぜひ一度、足を運んで生糸についての知識を深めてみて下さい。


シルク博物館ホームページ                 
http://www.silkmuseum.or.jp/



            参考資料

独立行政法人農畜産業振興機構ホームページ
http://alic.lin.go.jp/


前のページへ
Copyright(c)2006-2017Mita Gaiyukai. All rights reserved.